飯ダコ 煮つけ

以前、満天青空レストランで
タコの特集をしているのを見ました。

寒空の中、タコを捕る姿がかっこよく、
そのあとに食べる数々の料理がとても
おいしそうでした。


新鮮なタコっていろんな料理の仕方が
ありますが、家庭で食べるときはやはり
茹でたり煮たりして、しっかりと火を通した
ものがいいと思っています。




醤油と酒でしっかりと味付けされた
煮つけなので、タコのうまみが
口いっぱいに広がることでしょう。

小柄なタコなので、子どもでも食べやすい
大きさです。


そもそも飯ダコとは胴の中の卵巣が
米粒のように見えることから
飯(イイ)ダコといわれています。


これから春に向けて、イイことが起こるよう、
真っ赤なタコを食べて景気づけしたいですね。